読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すなばいじり

はてなブログを使って、トンピーを揃えるまで止めないブログ。ふっくらかわいい。


こちらは、水先案内です。
コミケ参加者必見!Webカタログを無駄なくお得に使おう!
最新仕様のパンくずリスト を どうぞご利用ください。
あわせて読みたい 機能 をどうぞご利用ください。
Proxy Hacking Protection を どうぞご利用ください。


Hatena::diary ネタまとめ
Hatena::blog SLview+ 開発日誌
Develop::site Cosmonaut
人気記事表示するやつと、それをTwitterへアナウンスするやつ

TAKERUを見てきたお話


ミシン以外にも様々な製品を展開しているブラザー社のTAKERUという機械が30周年 ということで、見てきたやつです。

今では直接アプリを購入(課金)できますが、日本の家庭にインターネットが繋がる前後まで稼働していた、ソフト販売機のお話。

 

www.brother.co.jp

 

実際に触ったのは数回で、購入したソフトも数本、既にインターネットには接続されていて、街の「パソコンショップ」というものが、辛うじて生きていた時代。*1

当時でもパッケージ化以外の方法でソフトは流通していましたが、決済を行うにはハードルが高く、オンライン上で支払い(クレジットカード払いなど)を行うには手間がかかるものでした。

シェアウェアという、今でいう「お試し解除 *2」「アイテム課金」のような仕組みを持ったソフトもたくさん出回っていて、気に入ったら作者指定の方法で入金、解除パスワードを入手する。という流れでした。
有料ネットワーク(パソコン通信など)に参加している場合は、その中の代行サービスを利用する事もできました。
ちなみに、インターネット上で同様の決済ができるVectorの「シェアレジ」が開始されたのが1998年のようです。

 

という訳で、その当時からソフトを買って何かをするには少し敷居が高い(または、お金が多少かかる)ものでしたが、その敷居を下げるソフト販売機 TAKERU は、魅力的なものでありました。

 

当時、カード払いが出来なかった未成年でも、お小遣いの範囲で何とか出せる金額でソフトが入手できる。(しかも回線代が掛からない!)
出てくるフロッピーディスクを機械に差し込んで、ソフトを書きこんでいる間に印刷されるマニュアルを受け取り、ワクワクしながら家へ帰る。そういった夢の機械でした。

その場でソフトが入ったディスク、説明書を作る機械なので、少し待つ必要がありました。

今ではダウンロードしたゲームの中に説明書が含まれているので、便利な時代になったと思います。

 

会場には、当時のソフトウェアのパッケージ版を展示してありました。

当時のソフトウェア

 

実際にTAKERUから用意されるものは、一般的なディスクと印刷された紙なので、立派なパッケージは含まれません。そのかわり、安く販売が可能になるメリットがあります。

当時の雰囲気を知ることができる

ゲーム以外にも実用ソフトウェアなど多数登録されていました。

 

 

TAKERU の内部

内部は銀行のATMにも似た構造になっていて、画面をタッチしてソフトを選択、購入手続きができます。その後、自動販売機のような入金エリアにお金を入れると、持ち帰り用のディスクとマニュアルが出される、という流れだったように思います。

可能であれば、もう一度体験してみたかったやつです。

 

当時を懐かしむ方が、当時のディスクを持参して、開発した方と話をしていました。

 

便利でしたが、色々な事情でなくなってしまったソフト自販機のお話。

 

 

ロングセラー熊。

リズムだいすき こぐまのトンピー ぬいぐるみ

リズムだいすき こぐまのトンピー ぬいぐるみ

 

 

*1:1997年前後

*2:お試し版の文字だけを消す場合もある